ツーショットダイヤルで即会いするときの待ち合わせ

この記事の所要時間: 26

ツーショットダイヤルに限ったことではないのですが、話が早過ぎる、うますぎる、なんてときは警戒しましょう。なんか裏があるかもしれません。代表的なのがツツモタセ。待ち合わせをしてホテルにいこうとした途端に男に囲まれて「俺の女に何しやがる!」と脅され、金品を巻きあげられるというもの。かなりオーソドックスな手法ですが、まだまだ健在です。被害者はあとを絶ちません。また行ってみると実際は青少年。でもその時は知らされません。大体男なんて女性の年はよくわからないもので、とっても若い、若い、おばさん、とってもおばさん、おばーさん、その分け方ぐらいしかわかりません。あとは「かわいい」「かわいくない」が関わってくるぐらいのものです。ホテルに行ってしてしてしまった後、後日かもしれませんし、当日かもしれませんし、「あの女は女子中学生だ。お前は逮捕されるぞ。ばらされたくなければ」なんて脅しをかけられるわけです。いわゆる恐喝です。結構長々と搾り取られるらしいです。
また業者の人で、終わったあとにお金を請求される。応じないと脅されるという、ボッタクリバー的な被害もあります。多種多様な危険が潜んでいるのが即会いです。「コミニュケーションを取ってから」というのは、女性の警戒心をとくためだけではないのです。男性にとっても大切なてじゅんということを認識しておきましょう。
でも本当に即会いしてくれる一般女性もいるわけで、どうやって判断するのかは、待ち合わせ場所のチョイスに委ねましょう。人通りが多くい場所で、なおかつポリスボックスなどが近くにあるところがベストです。もし何かあったときに駆け込むことができますし、もし後ろ黒い計画があれば、初めから来ません。また待ち合わせ場所に早めに行って、ちょっと離れたところから彼女を見ましょう。なにか周りに不審な人物がいないかなどもチェックするといいのです。電話やメールで場所の移動をお願いし、それと一緒にだれか付いてきていないかなども見ることが出来ます。そんなに警戒しなきゃいけないの?と呆れるかもしれませんが、嫌な目におたがい合わないためには、そのようにすべきです。何事もなければ、それでいいじゃないですか。
ツーショットダイヤルはちゃんと声で交流できますから、メッセージなどのやり取りより人となりが把握しやすいツールですが、万全ではありません。いつでも楽しくツーショョットダイヤルを利用するためには格好に清潔感を持たせる最低限押さえるべきものがあるということなのです。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です